MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

バストアップナビ

今、巷では様々な健康法、美容法というのが紹介されています。
メタボ対策、ダイエット、アンチエイジング、そしてバストアップです。
貧乳で悩んでいるという女性の方はやはり多いようですが、バストアップというのはあらゆる体に関する取り組みの中では最も成功率が高いというのも事実です。

 

 

 

 

目次

 

バストアップとは

 

バストアップ

 

今、巷では様々な健康法、美容法というのが紹介されています。
メタボ対策、ダイエット、アンチエイジング、そしてバストアップです。
バストというのは、女性の象徴であり、女性の魅力を引き出す部位の1つともいえます。
そのため、バストサイズというのは割と女性にとってはこだわりを持ってしまう部分であります。
バストサイズが小さいと女性というのはコンプレックスを持ってしまうものです。
ファッションにしても、バストサイズが小さすぎると凹凸が目立つドレスや水着、ワンピース等は映えなかったりします。
また、男性から見てもバストはどうしても目線が向いてしまう部位であり、個人差はあれど、バストに対してこだわりを持つという方もかなり多いようです。
ただ、女性目線の場合、バストは大きい方が男性に好まれるという固定概念があるようですが、実際、男性目線では必ずしもバストは大きい方がいいとは限らないようです。
確かにバストサイズが大きいと、一瞬でも目が向いてしまうものですが、大きさよりは、形にこだわるという方が多いようです。
バストが大きくても垂れていては魅力が感じられないという方も多いのです。
バストサイズというのは、本来はほどほどの大きさで差し支えなく、大きすぎるよりは小さい方が、まだ大きさが修正しやすいといえます。
貧乳で悩んでいるという女性の方はやはり多いようですが、バストアップというのはあらゆる体に関する取り組みの中では最も成功率が高いというのも事実です。
バストというのは脂肪の塊であり、実は背中やウエストの肉が本当はバストの脂肪であるというパターンがほとんどです。
結局は下着の付け方や服装でバストサイズはいくらでもアップさせる事ができるのです。
そして更に大きくしたいという場合のみ、サプリメントや運動を取り入れるというのが、最も無難な方法なのです。
バストアップは比較的年齢を問わずに取り組められるものですし、普段の生活で少し工夫をするだけで達成できる非常に簡単なボディケアといえます。

 

バストアップの目的とは

 

バストアップ

 

 女性の象徴として、ボリュームのあるバスト、ウエストのくびれ、そして引き締まったヒップというのが挙げられます。
もちろんウエストのくびれはあるに越したことありませんが、バストやヒップについては大きさや形など、人それぞれこだわりがあるようです。
ただ、一般的にはバストにおいては大きい方が好まれるといわれているようです。
しかしながら、ウエストのくびれは、あった方がいいという意見が多数ですが、バストやヒップの場合は実際にあまり大きすぎるのは好まれないというのもあるようです。
それよりは形が重要という声もかなり多いです。
ただ、ウエストのくびれを作るには、ある程度のバストやヒップのボリュームが必要になります。
また、服装によっては、バストが大きい方が似合うものも多いです。
バストアップを目標にしている方達の多くは、ファッションの幅を広げたいというのが多いようです。
次に多いのが、やはり異性関係になり、バストが大きいのが好みという男性を好きになってしまった場合、バストアップに励むようです。
確かに、バストが大きい方が女性らしい印象はより感じられますが、あまり大きすぎると、魅力が半減してしまうというのもあります。
とは言っても、ただバストが大きすぎるのはいけないというのではなく、体全体のバランスで見た際に、バストの大きさがちょうど良ければいいのです。
身長が高い方は大きめの方がちょうど位ですし、小柄な方は多少バストサイズが小さめでも全体のバランスが取れたりします。バストアップを目指すのであれば、自分の体型のバランスを見て取り組むと失敗は無いです。

 

バストの構造について

 

バストアップ

 

 バストは、表面に表皮があり、その内側に真皮があります。
そしてさらに奥には脂肪がたくさん詰まっており、この脂肪の間を縫うように乳線が存在しています。
更に乳線の奥には大胸筋があり、そして胸骨が位置します。
言うまでも無く、脂肪は柔らかく、皮膚表面からつまもうとしても、なかなか手ではつまめずに、皮下の中で自由自在に移動します。
そのため、もみほぐそうとしてももみほぐせないのです。
よくダイエット機器でもみほぐすタイプのものがありますが、実際には脂肪までその刺激が伝わらないというわけであります。
そのため、重力に対しての抵抗も無いです。
バストの形というのは脂肪によって決まるのですが、脂肪だけだと、ただ垂れ下がってしまう為、それを防ぐために、大胸筋や乳線が脂肪を支えている状態となります。
バストアップサプリ等で、バストの中の脂肪を増やしても、乳線や大胸筋が発達していないと、この脂肪を支えられずに、垂れてしまうというわけです。
バストの形を整えたい場合は、ある程度脂肪を重力に逆らった状態にする必要がある為、この脂肪を持ちあげる役割を持つ乳線や大胸筋を発達させなければなりません。
大胸筋は筋トレ等の運動で発達させることが出来ます。
筋力アップすることで、バストの重さを支えられるわけです。
あと乳線ですが、こちらは女性ホルモンの分泌を促進させる事により、乳線が発達します。
乳腺は脂肪の中で網目状に存在する為、この網のきめが細かいほど、脂肪が下へ垂れにくくなるわけです。

 

バストアップをするにはどうしていけばいいのか

 

バストアップ

 

 バストアップの方法はネット上や雑誌等でも沢山取り上げられています。
しかし、どの方法がより効果的であるかというと、これは人それぞれの体質や生活習慣等によって適した方法が異なってきます。
ただ共通することというのは、バストは脂肪の塊であり、この脂肪の塊を大胸筋や乳線等で垂れないように支えているという事です。
そして、脂肪はバスト部分とそれ以外の部位で何か異なるというわけではなく、バストからウエスト、そして脇腹や背中へと繋がっています。
したがって、バストの脂肪は、姿勢や生活習慣等、また下着の着用方法によって、背中やウエスト、わきばらのぜい肉として位置していることがほとんどです。
何から取り組んだらいいのか分からない方は、まず下着の付け方を見直すといいでしょう。
上半身をお辞儀するように曲げて下着を着用するとより効果的です。
上半身を倒すことで、背中やわき腹のぜい肉がバストの方向に移動します。
バスト自体も地面に向かって垂れる為、この状態で、ブラジャーのカップを当て、ホックを止めます。
そして、そのままの姿勢で、バストのカップの中に手を入れて、そこから背中やわき腹に手を伸ばして、バストのカップへ向かって流すように手を運ばす事により、バストに脂肪が収まっていきます。
そして、上半身を起こすことで、バストのボリュームがかなり増えます。
サプリメントという方法もありますが、まずは下着の着用方法を見直していく事から始めた方が楽にバストアップが出来ます。

 

手っ取り早くバストアップできるサプリメントについて

 

バストアップ

 

 バストアップの方法としてサプリメントと飲むというのがあります。
サプリメントは、定量を守りさえすれば、忙しくて運動が出来ない人でも手っ取り早くバストアップ効果が期待できるという、とても便利な方法でもあります。
人気があるサプリメントは、やはりプエラリアが含まれているものになります。
プエラリアは、女性ホルモンと類似した働きを持つ成分が含まれており、この成分によってバストアップ効果が期待できるといえます。
バストアップサプリメントは、女性ホルモンサプリメントに分類され、ホルモンバランスが不安定な方にとっては、女性ホルモンの分泌を促進したり、バランスを整えてくれるとも言われています。
ただ、その反面副作用が出やすいとも言われています。
ホルモンバランスが正常に働いている人がバストアップサプリメントを飲用すると、ホルモンバランスを崩す可能性が高くなりますので、ホルモンバランスが取れている人は別の手段を選択した方が無難です。
もし、バストアップサプリメントを飲用する場合は、定量より少ない量に留めておくといいでしょう。
また、プエラリアを含んだバストアップサプリメントは多くありますが、プエラリアも正規品とそうでない物とあります。
粗悪品も中にはあるようですので、情報をきちんと収集して安全安心して飲用できるサプリメントを選ぶようにしましょう。
バストアップサプリメントはあらゆるサプリメントの中でも効果が出やすいといわれる反面、その副作用についても出やすい傾向がある為、気をつけましょう。

 

バストアップをしたいと思うきっかけとは

 

バストアップ

 

 バストアップをしようと決心する際に、何かきっかけになる事というのが必ずあるかと思いますが、最も多いのが、人からバストの事を指摘されたり、周りの人と比べて自分のバストサイズが小さいと感じた時というパターンとなります。
好きな人が出来た、彼氏が出来たという理由でバストアップを始めるという人もおりますが、バストの好みは人それぞれですし、相手も自分のありのままの姿を好きになって交際を決めるというパターンが多く、世間で思っているよりは実際は少ないようです。
それよりは、やはり同性の人と比べてというのが多く、これはやはり女性同士というのはお互いライバル同士という概念が多少あるからといえます。
また、バストの大きさによっては映えるファッションというのもあります。
特にドレス、ワンピース等、洋装においてはバストサイズがそこそこ無いと、貧弱に見える傾向はあります。
これは洋装自体が西洋人、つまり凹凸がはっきりした体型を元に作られたデザインであるというのが大きな理由といえます。日本人は、今となっては食事が欧米化している事もあり、西洋人に近い体型になりつつありますが、やはり日本人の特徴ともいえる、凹凸に乏しい体型、脚の長さが短めで、顔の大きさも身長の割には大きめというのがある為、どうしても西洋人が着るような服装は違和感を感じてしまいます。
それでも、より見栄え良くしたいがために、バストアップで凹凸が目立つ体型にしていくことで、ファッションの幅が広がり、女性としての魅力も輝きを増すといえるでしょう。

 

男性の女性に対するバストに関する見解について

 

バストアップ

 

 男性はバストが大きい女性が好みであるという認識を持っている方が女性の中には多いかと思います。
しかし、これはただの思い込みと言ってもいいでしょう。
実際にはバストの大きさよりは形にこだわる男性の方が多いようです。
また、年代によって女性の体のどこが好みかというのが異なってきます。
バストにこだわるのは、主に若年層に多いようです。
そして、年代が上がるにつれ、女性の体で魅力を感じる部分が、徐々に下の方になる傾向があります。
少し年代が上がるとウエストのくびれ、そして更に年代が上になると、ヒップや脚に女性の魅力を感じるようです。
ヒップは大きさよりは形にこだわる方が多いようです。
脚はラインが美しい、あるいはある程度肉付きがあるかというところを重視するようです。
バストが小さいとコンプレックスを持っている女性は多いと思いますが、そこまで男性は大きさにはこだわってはいないので、あまり気にする必要はありません。
バストの大きさはある程度下着の着用方法を見直すことで、ワンサイズ位は大きくなるものです。
Aカップと思っていたのが、実際にはCカップだったという方もかなり多いです。
バストアップサプリメントでバストアップを行っている人もいますが、本当に全身痩せていて、脂肪が足りないという人でもなければ、利用しなくてもいいかと思います。
それよりは綺麗な形を保つための筋トレを行った方が、ボディラインも整ってきますし、男性からの好感度も高くなるかと思われます。

 

ダイエット中のバストアップは食事と運動に細心の注意を払う

 

バストアップ

 

 バストアップは意外に簡単に達成ができるものですが、ダイエット中の方は、ややハードルが高くなります。
それはバストを構成しているほとんどが脂肪だからです。
ダイエットは体脂肪を減らす為の取り組みです。
つまり、ダイエットをして体脂肪が減ると、連動してバストサイズがダウンするのです。本当は太ももやウエスト、背中等のぜい肉を落としたいのですが、体の脂肪というのは体温の低い所により多く付くものの、体のラインにそって薄い上着を何枚も重ね着するかのように、全身にまんべんなく付いていきます。
そのため、痩せるとなると、反対に薄皮をはがしていくように、体全体に付いた脂肪が少しずつ少しずつ減っていくのです。
よって部分痩せというのは不可能になります。バストの脂肪だけそのまま残して、背中やウエスト、脚や腕のぜい肉だけをピンポイントに落とすというのは難しいのです。
体全体は一つに繋がっていますし、特に背中やウエストのぜい肉は、本来、バストの脂肪が流れ込んでいる状態なのです。
ダイエットしながらバストアップするのであれば、バストの形を維持する為の筋トレが必要になります。
胸筋を鍛える事で、バストは持ち上がりますので、バストアップできます。
そして、背中に流れ込んだ脂肪をバストに戻す為に下着の付け方に注意を払い、食事は良質なたんぱく質を多めに摂り、脂肪や糖質を減らしていくというようにしていきます。
そうする事で、バストサイズをアップさせつつ、ダイエットができるという事になるのです。

 

補正下着と矯正下着を混同しない

 

バストアップ

 

 バストアップをするにおいて、下着というのは非常に重要な役割を担うこととなります。
その下着ですが、今となっては、目的に応じた数多くのものが出ています。
バストアップを図る際や、美しいボディラインを維持する為の下着となれば、思いつくのが補正下着と矯正下着になります。
この2つは似ているようで、全く同じものではありません。
まず、バストアップを図る為の下着は矯正下着になります。
背中やウエストに流れ込んでしまった脂肪をバストに戻していき、形状記憶させるのが矯正下着であり、部分によっては締め付けがあったり、全く締め付けが無かったりします。
ガードルにおいては、睡眠中に着用したままでも血行が悪くならない物も多いです。
また、骨格矯正をする際に併用して着用するとより体の歪みが改善されていきます。
バストにおいては、カップの部分と胴体の境目の締め付けが強いですが、これはせっかくバストにおさめたぜい肉を背中に流さないよう、せき止める為のものです。
ただ、これらの矯正下着は、意外にもワイヤーが一切使用されていないものが多いです。
ワイヤーは体の歪みが取り除かれるどころか、ワイヤー跡を残してしまい、体型を崩す元になります。
また、血行が非常に悪くなりますし、ワイヤーの先端がみぞおちにあたって痛みを感じる事も少なくありません。
対して補正下着はワイヤーを使用しているものが多く、これはドレス等を着用する時に一時的にボディラインを形状記憶させるものであり、確かにラインはきれいに見えますが、血行が悪くなる為、常用はお勧めできません。

 

サプリメントを摂りすぎるとホルモンバランスが崩れる事がある

 

バストアップ

 

 手軽にバストアップ効果が得られるという口コミも多いサプリメントですが、この飲用方法については十分に注意を払う必要があります。
バストアップサプリメントには、女性ホルモンと似たような働きを持つものが多いからです。
女性ホルモンといえばエストロゲン等がありますが、これらの女性ホルモンというのは、女性らしい体を作ったり、妊娠しやすい体に変えていくという特性を持っています。
女性ホルモンの種類もいくつかありますが、乳線を発達させる為に必要とされるエストロゲンについては、プエラリアに含まれる成分や、大豆に多く含まれるイソフラボン等が、同じような作用を引き起こすとも言われています。
注意しなければならないのは、これらの女性ホルモンに類似した成分を大量に摂ることで、女性ホルモンのバランスに影響を及ぼす可能性が高いという事です。
女性ホルモンと同じような働きを持つ成分が体内に大量に入る事によって、本来分泌されるべき女性ホルモンの量が抑制される可能性が高いです。
そして、サプリメントの飲用を中断してしまうと、途端にエストロゲンの分泌量が減少した状態となり、様々な不調をきたす事になりかねません。
生理不順になったり、精神不安定になる事もあります。更年期障害が生じているのであれば、その症状がひどくなる可能性もありますので、定量、もしくは少ない量を体のコンディションに合わせて飲用していくように心掛けていきましょう。
何でも取りすぎは良くないという事を忘れないようにして下さい。

 

食事中心でバストアップを行う場合は肥満に注意する

 

バストアップ

 

 バストというのは、栄養分を豊富に摂っていくことにより、大きくなるものです。
バストのほとんどは脂肪で出来ており、この脂肪を支えるかのように乳腺が網目状に張り巡らされています。
そしてこれらの脂肪と乳線をしっかり支え、バストの形を保っているのが大胸筋になります。
更にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が多く含まれている皮膚表面の弾力によって、ハリのあるバストを維持していくことができるのです。
バストを大きくする食べ物として、大豆や牛乳等、良質なたんぱく質を含んだものが挙げられますが、同時にこれらには脂肪も含まれています。
大豆に含まれる脂肪は植物性油脂であり、体にはさほど悪影響を及ぼしませんが、牛乳等の乳製品は、脂肪が多く含まれています。
また、果物もバストアップ効果があるといわれていますが、果物には糖質が沢山含まれています。
糖質は摂りすぎると中性脂肪に変わりますので、血糖値や中性脂肪が高めの人は特に注意が必要です。
食事をメインでバストアップを考えている人は、かなり栄養管理には細心の注意を払わなければなりません。
ただ、バストアップ効果が期待できる食品を取るだけだと肥満になりやすく、むしろ運動を取り入れながらバストアップをしていった方が簡単といえます。
大豆はともかく、他の乳製品や果物は程々にして、あとは野菜等、ミネラルを豊富に含んだ食品を積極的に摂る事を意識づけていくようにしていきます。
そうすることで、バストアップ効果はすぐには出ないかもしれませんが、肥満を防ぐことは十分に可能です。

筋トレを取り入れないとバストアップ出来ても垂れてしまう

 

バストアップ

 

 バストは脂肪でできているという事は、誰でも知っている内容であり、バストを大きくしたいのであれば、栄養をたっぷり取ればいいと思っている方も多いです。
ところが、私たちが生きている環境というのは、重力というものが存在します。
万物全てにおいて、重力に逆らう事は出来ないのです。
私たち人間には体重があり、この体重の数値によって重力に引きつけられる度合いが異なってくるのです。
この体重を作っているのが、脂肪や筋肉、骨といった、体の組織であり、重さがあるものは、地面に引きつけられていきます。そして、バストですが、最も脂肪が含まれている部位であり、形も体の部分の中では最も出ている部位であり、それに脂肪が含まれていることで、重力に従おうとします。その結果、垂れていきます。
このバストの垂れた状態を防ぎ、何とか重力に逆らおうとして、形状を維持させているのが大胸筋というバストの奥にある筋肉です。
この筋肉は胸から肩にかけて伸びており、実際に肩と胸でバストを支えている状態になります。
バストサイズが大きい人で、肩こりに悩んでいる人の割合が多いのも納得できます。
このバストの形、ハリを維持させるには筋トレが不可欠です。
筋トレを行い、大胸筋を発達させる事により、バストが持ち上がっていきます。
腕立て伏せ、水泳、あるいは、背筋を鍛えてあげることで、よりバストが持ち上がってきます。
バストサイズはそこそこあるけれど、垂れてしまうという方は筋トレを始めてみてはどうでしょうか。

 

運動は有酸素運動と無酸素運動の両方を取り入れる

 

バストアップ

 

 バストアップを運動メインで行うという人ですが、気をつけなければならないのは、運動方法の選択を誤ると、バストアップどころかサイズダウンしかねないという事です。
運動には大きく二種類あり、有酸素運動と無酸素運動に分かれます。
有酸素運動は、酸素を取り入れて、糖質をエネルギー源として行う運動であり、マラソン、水泳、自転車こぎ等がこれらに該当します。
いわゆる競技として行われる運動のほとんどは有酸素運動に該当します。
対して無酸素運動というのは、酸素を取り込まずに行う運動であり、糖質はもちろん消費されますが、有酸素運動のように、酸素や糖質が消費される事により、汗をかいたり、息切れがするものではありません。
筋トレ等、体の筋肉に負荷を与え、その負荷により筋肉を構成している筋線維が破壊され、それが修復と同時に破壊される前の状態より筋線維が増えて、筋力がアップする事を目的とした運動方法になります。
ちなみに筋肉というのは動かす等、負荷を与えると、筋肉量が増えていきます。
そして筋肉は量が増えれば増えるほど、有酸素運動をした際のカロリーの消費量が高くなります。
そのため、痩せやすい体になります。
また、バストの様な脂肪の塊を支えているのも筋肉であり、筋肉を発達させてあげることで、美しいバストを手に入れることが出来ます。
有酸素運動だけだと、脂肪が燃焼される一方になり、バストサイズがダウンします。
反対に無酸素運動ばかりすると、筋力が発達しすぎて女性らしい柔らかいボディラインや、バストのふくらみから遠ざかっていきますので、無酸素運動と有酸素運動の両方を行い、両者のデメリットをカバーしていくようにしましょう。

 

ブラジャーを着用したままの就寝はバストの形を崩す

 

バストアップ

 

 ひと昔前ですが、バストの形を整えるには、締め付けが強い補正下着などを24時間着用したらいいと言われておりましたが、これは事実無根と言ってもいいです。
締め付けが強い下着を着用すると、まず血行が悪くなり、代謝機能が低下します。
代謝機能が低下するという事は、脂肪の燃焼がしにくくなるという事になります。
また、締め付けが強い下着は、乳がんを引き起こす要因の一つとも最近になって言われるようになりました。
確かに、バストというのは脂肪の塊であり、その周辺の背中やウエストにバストの脂肪が移動している状態ではあります。
ただ、これは起きている時にきちんとした下着の着用をする事により形状記憶が徐々になされるわけであり、これは少しでも着用中の違和感があれば、意識して自分で修正ができるから良いのです。
ところが、寝ている間というのは、つまり頭の思考も眠っている状態であり、寝相によって体がどのように動いているかが分からない訳です。
寝相も人によりますが、寝返りというのは割となされる回数が多く、この状態で、背中の脂肪をバストの中にきちんと納めるようにするのは極めて困難となります。
むしろ、寝返りによって、脂肪がカップからはみ出てしまい、なまじ締め付け感がある為、カップから脂肪がはみ出た状態でボディラインが形状記憶されることとなり、体型が更に悪くなります。
しかも血行がますます悪くなるので、冷え性を引き起こす要因にもなりかねません。
血圧が高い方は、更に疾病を引き起こす引き金にもなりうるので注意するようにしましょう。

 

バストアップサプリメントの乱用は厳禁である

 

バストアップ

 

 バストアップサプリメントには、女性ホルモンに似たような作用を持つ成分が含まれているものが多く、それによって体の不調をきたすリスクも少なくはありません。
女性ホルモンと同じような作用を持つという事は、体内で女性ホルモンとして働くという事ですので、体自体がこれらの類似した成分を女性ホルモンとして判断するので、それを元に女性ホルモンの量を調整していくこととなります。
つまり、このような成分が沢山取り込まれてしまうと、本来の女性ホルモンの分泌量が少なくなるという事です。
そして、バストアップサプリメントの飲用を止めてしまうと、途端に女性ホルモン不足となってしまいます。これは女性ホルモンサプリメントに体が完全に依存しきった状態となり、危険な状態ともいえます。
それだけではなく、バストアップサプリメントを飲用しすぎる事によって女性ホルモンとしての体内での量が増えますので、分泌過多による体の不調も出てきます。
女性ホルモンは、多すぎても少なすぎても体にとっては良くありません。
生理不順、更年期障害、メンタルの不安定といった症状が出てきます。
また、バストアップサプリメントには、医薬品でしか使用出来ない成分を使っているケースもあります。
最近では、海外からの輸入品も多く出回っており、これらの製品の中に含まれているものが目立つようです。
これは海外と日本では薬事法が異なり、医薬品でのみ利用が認められている成分の種類が異なることが要因です。
輸入品を購入する際は、薬事法もチェックしておきましょう。

 

マッサージの仕方を誤ると背中やウエストに脂肪が付く

 

バストアップ

 

 バストアップの方法として、マッサージが効果的と言われていますが、このマッサージの方法も誤るとバストアップどころか、体型を崩しかねません。
バストの脂肪は、普段の生活習慣や下着の着用方法、姿勢、立ち居振る舞いなどによって背中やウエストへ流れてしまいます。
脂肪は流動性のあるものなので、筋肉のようにその場に留まるということが出来ないのです。
特に下着の付け方、バストアップの為のマッサージとなると、その方法を誤ってしまうと大変な事になります。
下着ただカップを当てるだけの着用方法だと、バストの脂肪が背中やわき腹に分散されてしまいます。
マッサージも何の為にするのかと、バストの構造についてある程度知っておかないと、バストアップが出来ません。
マッサージというのは乳線を発達させる為のマッサージになります。
ただ胸をもむだけでは全く効果がありません。
脂肪がほぐされてしまい、バストサイズがダウンしたり、同じく背中やわき腹に脂肪が流れ込んでしまいます。
同じマッサージをするのであれば、背中やわき腹の肉をバストに流すようにマッサージをするといいです。
特に下着を着用する前に行うとより効果的です。
それだけでも、乳線に刺激が伝わり、乳線が発達してバストアップができるのです。
ちなみにマッサージをすることで乳がんの早期発見も出来ますので、バストアップ対策にはマッサージを取り入れるようにしましょう。
もちろん正しい方法をきちんと知った上で行っていきましょう。

 

有酸素運動だけではバストサイズを減少させてしまう

 

バストアップ

 

 バストアップには運動が効果的です。
ただ、運動の方法を誤ると、逆効果になりますので注意しましょう。
バストアップの為の運動は有酸素運動ではなく、無酸素運動が適しています。
これは、有酸素運動は酸素を消費し、糖質や脂質をエネルギー源として消費させていくからです。
バストには脂肪が沢山含まれており、有酸素運動ばかりしているとバストの脂肪が燃焼されてサイズダウンしてしまいます。
バストアップは、バストのボリュームを増やし、バストが垂れないようにすることで、更にバストのサイズをアップさせる事なので、有酸素運動ではなく、無酸素運動をメインで行っていくこととなります。
無酸素運動は筋トレ等、酸素を消費しない為、あまり息切れはしませんが、糖質が使われていきます。
カロリーの消費は筋肉が動く事で、筋肉にエネルギー源が送り届けられ、馬力が出るわけですが、この筋肉量が多いと、運動に必要なエネルギーが必要になります。
すると、カロリーの消費量が増えます。
したがって、ダイエットをしている方にもお勧めの運動方法になります。
バストには大胸筋という筋肉が胸骨の上にあります。
この大胸筋によってバストが持ち上げられているわけであり、ここの筋肉量が少ないと、せっかくバストのボリュームを増やしても、それを支え切れる筋力が無い為、垂れてしまいます。
無酸素運動で筋肉を鍛えて、バストを持ちあげることで、より形のいいバストとなり、女性らしい体つきになります。

 

通気性の悪い補正下着を着用すると血行が悪くなり逆効果である

 

バストアップ

 

 バストアップ方法で欠かせないのが補正下着、あるいは矯正下着になりますが、最近の補正下着は通気性が良く、血液の流れを阻害しないような工夫がなされており、快適に着用できるものが多いのです。
そういう下着を選べばいいのですが、一時的にボディラインより美しくさせていきたいというのであれば、生地も厚めで、ある程度圧迫感がある補正下着を着用する必要が出てきます。
ただこれも、よほど何らかのイベントの時にドレスを着たり、スーツを着用する時という以外では着ない方がいいです。
バストアップができる下着でもっと快適に着られるものはいくらでもあります。
この補正下着ですが、毎日着用していると、別のリスクが出てきます。
メリットは見栄えがいい、ボディラインが美しく見えることですが、デメリットとして挙げられるのは、血行が悪くなる、通気性が悪いという事です。
血行が悪くなると、高血圧、最悪の場合は循環器疾患を引き起こすこととなります。
また冬場は血行が悪くなることによる皮膚のかゆみが出てきます。それにより肌が荒れてしまうという悪循環に陥ります。
また、夏場は通気性が悪くなり、それによって肌がかぶれてしまい、体臭もひどくなります。
補正下着を着用するのであれば、ワイヤーが入っておらず、生地が薄めのものがいいです。
形状記憶の効果については、ボディラインによって締め付けや伸縮の具合を細かく調整している為、心配には及びません。
価格帯も安いですし、何より体にストレスを与えない事がバストアップ効果を更に高めていくのです。

 

動物性たんぱく質を摂りすぎると肥満を招く事も多い

 

バストアップ

 

 バストアップには確かに動物性たんぱく質の摂取が効果的です。
人間の体もたんぱく質でできていますので、生命を維持していくために必要不可欠な物質です。
バストを構成する乳腺の組織、皮下組織も全てたんぱく質で作られています。
たんぱく質を取り入れる事により、体内でアミノ酸に分解されます。
そのアミノ酸が体の各所に行き渡り、組織を作っていくのです。
そして、動物性タンパク質にはバストのボリュームを出す為に必要な脂肪も多く含まれています。
バストアップの為に動物性たんぱく質を積極的に摂取するという人は多いと思いますが、摂りすぎると肥満を招く恐れがあります。
また動物性たんぱく質の中には飽和脂肪酸という体にはあまり良くない脂肪が含まれているものも多いです。
牛肉やラード、バターに多く含まれています。
飽和脂肪酸は、常温で固形状になります。
これは牛の体温が人間より高く、牛の体内ではきちんと機能していても、人間の体内では粘性が高くなり、動脈硬化や高脂血症、中性脂肪過多による脂肪肝を引き起こすリスクが高くなります。
よほど代謝機能を高めないと血管がドロドロになり、体のあらゆる組織にもこびりついてしまいます。
それにより老廃物が上手く排出されず、体型を崩す元となるセルライトを生成する要因にもなります。
セルライトは一度生成されると、なかなか取り除くことが出来ません。
エステで特殊なマシンを使用して溶かしていくといった方法を取らないといけない為、動物性たんぱく質の摂取は程々に留めておくようにしましょう。

 

適度にバストアップサプリメントを取り入れる

 

バストアップ

 

 バストアップの方法は意外にも多いです。
まず代表的なものがバストアップサプリメントを活用する方法です。
バストアップサプリメントを活用される方はかなり多いです。
これは、バストアップサプリメントに女性ホルモンに匹敵する役割を持つ成分が含まれているからです。
特に女性ホルモンの一種であるエストロゲンに類似した役割を持つものが多いです。
大豆に含まれるイソフラボン、うエラリアに含まれるミロエステロールという成分がこれに該当します。
エストロゲンは乳腺を発達させたり、女性らしい体作りを助けてくれる女性ホルモンであり、これらのサプリメントを飲用することで、よりボリュームのあるバストに近づく事ができます。
更に、女性ホルモンサプリメントに多く含まれる成分として、コラーゲンなど、美肌効果を得る為に必要な成分も含まれています。
バストは脂肪と乳線という網目状の組織によって構成されています。
そしてこれらを支える大胸筋、また、バスト自体の肌触り、ハリを保つためのコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン等が美しいバストラインを作ってくれます。
バストアップサプリメントは、一応サプリメントなので食品に分類されますが、含まれる成分が成分だけあり、薬ではないものの、体に何らかの影響を及ぼすものもあります。
適量を守りさえすれば問題ありませんが、摂りすぎるとかえって、ホルモンバランスを崩し、不調をきたすことにもなりかねませんので、適度に取り入れるように心掛けましょう。

 

運動をする

 

バストアップ

 

 バストアップと運動は切っても切れない関係と言っても過言ではありません。
バストは筋肉によって形を支えている事になるからです。
バストを形作っているのは脂肪ですが、重力に逆らい、垂れないようにしているのは大胸筋という筋肉です。
そこで、筋トレを行っていくことにより、バストアップ効果が高まります。
この筋トレですが、毎日行うとかえって逆効果なので、1日おき、または2日おきにトレーニングをしたらいいかと思います。
筋トレの方法は、腕立て伏せ、背筋等がベストです。
大胸筋や背筋を鍛えることで、バストを持ちあげる力が強まります。
バストサイズを増やしていくのであれば、それだけバストのボリュームも増えますので、重力に従い、バストが下へ下へと垂れていきます。
せっかくバストが大きくなっても、垂れてしまっては魅力が半減します。
バストが大きいのが好みという男性は割とおりますが、これは、ハリがあり、垂れていないバストであればというのが条件となります。
大きくても垂れたバストを好む男性はあまりいませんので、筋力をつけてバストアップをしていくようにしましょう。
筋トレが苦手という人は、水泳が効果的です。
腕を水の抵抗に逆らって動かしていくので、筋力が付きますし、浮力を伴う為、筋トレのような苦痛はほとんど感じません。
筋肉痛も残ることなく、楽にバストアップが出来ます。
更に、ダイエットにも水泳は効果的であり、最も美しいボディラインになりやすいといわれます。

 

マッサージをする

 

バストアップ

 

 バストアップに効果的な方法として、バストのマッサージというのもその一つに含まれます。
これはマッサージをすることで、乳線が発達し、バストを持ちあげてくれるからです。
乳腺は、バストの中を網の状態で存在し、その間に脂肪があります。
バスト自体はほとんどが脂肪で示されていますが、脂肪は流動性があり、何か支えるものが無いと、重力に従って垂れ下がってしまいます。
その脂肪の重さで皮膚が伸びてしまい、加齢と共に、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少していくので、更に垂れたバストをつくり上げてしまいます。
これを阻止する為にマッサージでバストを刺激し、乳線を発達させます。
更に、コラーゲンやヒアルロン酸を補う為にも良質のたんぱく質を併せて摂取するといいでしょう。
また、マッサージですが、配偶者や恋人にしてもらった方がよりバストアップ効果が高まります。
それによって精神的にも満たされていき、女性ホルモンの分泌が活発になります。
恋愛をすると女性は綺麗になると一般的に言われていますが、これは、スキンシップをしていくことにより、精神的に安定していくことで、細胞が活性化され、女性ホルモンの分泌にも影響を及ぼすからと言われています。
逆にストレスが溜まる事によって女性ホルモンの分泌が不安定になり、様々な不調が生じてくるという事のもなります。
ちなみにマッサージで効果を出した方が、体にとっては最も自然に負担なくバストアップができるといってもいいでしょう。

 

補正下着を活用する

 

バストアップ

 

 バストアップの手段として下着を活用するというのがあります。
補正下着や矯正下着など、ボディラインを形状記憶させてくれるものです。
バストは脂肪でほとんど占めています。
脂肪はプリンと同じようなもので、カップで形が作られるといってもいいです。
脂肪は流動性がある為、背中やウエストに流れ込んでいきます。
背中やウエストのぜい肉で悩んでいる方は、この補正下着や矯正下着を使って、背中やウエストのぜい肉をバストへ移動させて、形状記憶していくことで、背中やウエストのラインがすっきりしてきます。
下着については補正下着と矯正下着を着用してボディラインを整え、バストの形状も整えていくという事になりますが、補正下着の方が、より強力にバストから背中への脂肪の流れ込みを遮断してくれます。
ただ、補正下着は日中は良いですが、夜間は締め付けが強い事もあり、つけたままの着用はお勧めできません。
下手をするとバストの形が崩れたままで寝ている間に形状記憶される恐れがありますので、必ず就寝時は外しておくようにします。
補正下着が苦手という人は、骨格矯正の際に併用する事で体の歪みが改善される矯正下着がお勧めです。
ワイヤーをほとんど使用しておらず、体の部位によって締め付け感を細かく変えており、体に負担がかからないような作りにしています。
こちらも就寝時は外しておいた方が望ましいですが、中には着用してもいいタイプの矯正下着もあります。
自分の好みに合わせて選ぶといいでしょう。

 

ボディクリームでバストアップを図る

 

バストアップ

 

 最近、バストアップ用の製品として、専用のボディクリームというものもあります。
バストに塗ることでバストアップ効果が期待されるというものなのですが、これには多少の疑問点が残ります。
ただクリームをすりこんでいくだけでは美肌効果は得られても、バストアップとの関連性は薄いといえます。
ただ、クリームを塗って、マッサージを行う事により、乳線が刺激によって発達することはあります。
それによって、ハリのあるバストに生まれ変わることは可能です。
もちろんボディクリームだけでは効果は出にくい為、バストアップの為の運動や、大豆などの良質なたんぱく質を摂取していく事によってバストアップがしやすくはなります。
バストアップはバストの中の脂肪量を増やしてあげたり、乳線を発達させる為のサプリメント常用により、割と簡単にバストアップはします。
しかしながら、バストサイズがアップするだけでは垂れやすい上、皮膚も伸びてしまい、あまり見栄えがいいとは言えません。
そこで、マッサージクリームを活用していくことにより、皮膚が伸びないように、バスト部分の肌細胞を活性化し、弾力性に富むバストを手に入れる事は出来ます。
いくらサイズを大きくしても、ハリが無く、肌細胞に含まれる保湿成分が少ないと魅力半減となります。
より高いバストアップ効果を出し、美乳にするには、運動、食事、そしてマッサージで、形が良く、肌触りも良く、ハリもボリュームもあるバストへと近づいていくのです。

 

良質なたんぱく質を摂るようにする

 

バストアップ

 

 バストアップを図るには、良質なたんぱく質の摂取も非常に重要です。
良質なたんぱく質というのは、たんぱく質の元であるアミノ酸のバランスがいいものを指します。
アミノ酸のバランスというのは、それぞれの食品にはアミノ酸スコアというものがあり、このアミノ酸スコアというのは、数多くあるアミノ酸が種類多く、そしてそれぞれまんべんなく含まれているかというものが数値として分かりやすく表示されているものになります。
アミノ酸の中には必須アミノ酸というものがあり、これは人間の体内で作ることが出来ない上、体にとって必要不可欠なアミノ酸の事を言います。
この必須アミノ酸の含有量が特に多いたんぱく質食品は、良質なたんぱく質製品ともいえます。
反対にアミノ酸スコアの数値が低かったり、必須アミノ酸以外の含有量が多く、必須アミノ酸の含有量が少ないたんぱく質製品は良質とは言えません。
良質なたんぱく質といえば、大豆や魚介類等が当てはまります。
特に大豆にはイソフラボンという女性ホルモンと同様の働きを持つ成分も含まれていますので、意識して取り入れる事により、バストアップが期待できます。
魚介類にはレシチンやEPA、DHAなどの不飽和脂肪酸という、体の機能を高め、悪玉コレステロールを分解してくれる脂肪酸が含まれており、肌のハリを保ったり、集中力を高めたり等、様々な効能があります。
もちろんバストアップにも必要な栄養素であり、魚介類は、これらの体に絶対に必要な成分が詰まっているので、積極的に摂るようにしましょう。

 

運動をするのであれば水泳が最も効果が出やすい

 

バストアップ

 

 バストアップに取り組むに当たって、運動をするという方も多いです。
もし、運動する場合は筋トレが最も効果的です。
これはバスト自体が重力に逆らって形を維持している事と、脂肪がたくさん詰まっている為、筋力をつけていかないと、バストは垂れ下がってしまう一方となります。
このバストを支えている筋肉が胸筋となり、乳線や脂肪の奥に位置します。
この胸筋を鍛えないと、バストアップは出来ません。
たんぱく質を沢山摂取し、バストアップサプリメントを摂って、バストの脂肪を増やしても、筋力をアップさせないと、脂肪は垂れていくだけになります。
ただ筋トレとは言っても、やりすぎると、女性らしいバストのふくらみが無くなってしまいます。
また筋トレ自体も割とハードなので、三日坊主になりがちです。
そこで、楽にバストアップしていく方法として水泳がお勧めです。
水泳は浮力が生じる為、体への負担も軽減されますし、水の流れに逆らって腕を動かしていきますので、胸筋が鍛えられていきます。
もちろん、運動しすぎると二の腕や肩に筋肉が付き過ぎる為、程々に行うようにします。
週に2〜3日位のペースで行うといいでしょう。
他にはダンベルを使って腕を上げたりするのもいいです。
水泳は腰痛を持っている人、ダイエットにも良く、体に負担がかからない割にはカロリーの消費も高いですので、バストアップに関係なく、老若男女が取り組みやすいスポーツの一つと言ってもいいでしょう。

 

規則正しい食生活を実践しつつサプリメントを活用する

 

バストアップ

 

 バストアップをさせる方法は沢山紹介されていますが、より早く効果を出したいのであれば、まずは食生活をきちんと正すという事に重点を置くようにしましょう。
食生活は体作りの基本となり、管理を怠るとバストアップどころか、生活習慣病を引き起こし、寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。
サプリメントを利用するという方法もありますが、まずは普段の食生活に注意を払う事を実践していきます。
規則正しい食生活があってのサプリメントなのです。
サプリメントは目的に応じて作られているものが多く、ある特定の栄養素を強化しているものがほとんどです。
そのため、普段の食事に偏りがあると、より栄養バランスが崩れてしまいますので、逆効果となります。
バストアップサプリメントは、たんぱく質や女性ホルモンの分泌を促進する作用があるものが多く含まれています。
そのため、ミネラルやビタミンがあまり含まれておらず、普段の食事でこれらをカバーするようにします。
マルチビタミンやミネラルを多く含んだサプリメントを別途、摂っていくという人もおりますが、コストが高くついてしまうことと、栄養素の過剰摂取による体調不良を引き起こしますので、できるだけ食事から摂るようにします。
また、サプリメントばかりを摂る事で、体がサプリメントに依存してしまい、本来の体の機能を果たさなくなります。
一生同じサプリメントを撮り続けるということはまず無いので、とにかくバランスのとれた食事を心掛けるようにしましょう。

 

骨格矯正と補正下着で美しいバストを手に入れる

 

バストアップ

 

 骨格矯正をされた事がある人は、経験があると思いますが、骨格矯正のサロンによっては矯正下着や補正下着を併用するところがあります。
骨格矯正で体の歪みを解消し、それに伴い、骨格の歪みによりきちんとした位置に付いていない筋肉を正しい箇所に位置し直すことで、ボディラインが美しく見えたり、バストアップ効果が出るケースがあります。
骨格矯正の施術によって、骨格の歪みを矯正し、筋肉に対してもゆっくり圧迫していくことで、筋肉の歪みも解消されていきます。
ただ、あくまでも施術時だけの効果に留まってしまい、継続して歪みを改善させていくために、下着を使って、歪みを徐々に解消していき、正しい骨格と筋肉の配置を形状記憶させるという方法を取っていきます。
意外にも骨格矯正を行っているサロンで取り扱う下着は安く、1枚数千円位で済むものも結構多いです。
ワイヤーを使っていない物も多く、体に余分な負担をかけずに矯正していくことが出来ます。
これによって、背中やお腹周りのぜい肉として付いているバストの脂肪が、定置であるバストに戻す事により、バストアップができるという事であります。
この骨格矯正と補正下着、あるいは矯正下着の組み合わせはかなり効果的であり、サプリメントに比べて体への負担も少なかったりします。
サプリメントも効果的ではありますが、中には女性ホルモンに似たような働きを持つものもあり、摂取の仕方によっては、ホルモンバランスを崩してしまう事もあります。
これから取り組む方は下着と骨格矯正から取り掛かってみてはどうでしょうか。

 

日中は補正下着を着用して就寝時はブラジャーは外しておく

 

バストアップ

 

 補正下着や矯正下着と言われるものは、バストの形状をきちんと記憶させてくれるという効果が期待されます。
しかも運動をしたり、サプリメントを取り入れなくても、割と多くの人が下着によってバストアップ効果が得られたりします。
これは、ほとんどの方がバストの脂肪が、背中やウエストに流れ込んでいることもあり、これらの原因が、下着の誤った着用によるものだからです。
バストを大きくするには、ある程度の脂肪の量が必要です。
脂肪の量が少ないという方は少数であり、過半数以上が、ダイエットを経験した方が多いくらいなので、脂肪が有り余っているといってもいいでしょう。
この有り余った脂肪を適材適所に納めていくことで、かなり背中のラインはすっきりしますし、ウエストのラインもよりくびれが目立ち、女性らしい体つきになります。
バストのボリュームを作る脂肪はあるので、寄せて上げればいいのです。
その手っ取り早い方法が補正下着や矯正下着です。
ただ、もちろん補正下着や矯正下着を買う余裕が無いという方は、普段の下着の着用方法を工夫すればいいのです。
そして、多くの人が勘違いしがちな、この形状記憶させる方法ですが、就寝中は必ず、ブラジャーを外すようにします。
寝ている間までブラジャーを着用していると、寝返りの時にどうしても、脂肪が定置からはみ出てしまい、そのはみ出た状態で形状記憶され、体型を崩す元となりますので、くれぐれも就寝中の着用は控えるようにしましょう。

 

バストアップサプリメントと筋トレで美乳を手に入れる

 

バストアップ

 

 バストアップ効果を出す方法として、バストアップサプリメントと筋トレの組み合わせは非常にいいです。
バストアップサプリメントにはたんぱく質を多く含むものが多く、筋トレ効果を出すにはこのたんぱく質が沢山必要になるからです。
筋線維はたんぱく質で作られています。
よくスポーツジムなどでプロテイン飲料やプロテインの粉末が販売されていますが、これは筋トレをする為、ダイエット目的でカロリーが燃焼されやすい体作りをする為のものです。
たんぱく質は筋肉を作る為の材料であり、いくら筋トレをしてもたんぱく質が不足すると、筋力がアップしません。
ボディビルをしている人の筋肉量が多いのは、プロテインを沢山飲用し、その上で過酷な筋トレを行っているからです。
筋トレをすることで筋線維が壊され、それを修復させるのにたんぱく質が必要になります。
そしてこの筋線維は修復されるごとに更に丈夫になっていきます。
これが筋トレによる筋力の発達の仕組みになります。
バストアップサプリメントを取り入れて筋トレをする事により筋力がよりアップしますので、バストが持ち上がり、バストのサイズがアップします。
またイソフラボンのような女性ホルモンと同じような働きを持つ成分が多く、これにより乳腺が発達し、脂肪分ももちろん含まれていますので、よりバストにボリュームが出てきます。
筋トレをすることで、脂肪の燃焼率も高まりますので、脂肪の摂り過ぎも解消されます。
より早くバストアップ効果を出したいのであれば、この組み合わせがいいでしょう。

 

最も効果的なのは筋トレと補正下着と食生活の見直しである

 

バストアップ

 

 より早く、そして確実にバストアップ効果を出したいというのであれば、より徹底された方法でバストアップをしていきます。
まず胸を持ちあげる為の筋力をアップさせる必要があるので筋トレを実践します。
せっかくバストアップできてもバストが垂れてしまっては意味がありません。
次に補正下着を活用します。
これでバスト周辺に分散された脂肪を定置であるバストに戻していきます。
これでボディラインがすっきりしますし、適材適所に脂肪を移動させることで、無駄な労力が削減できます。
バストの脂肪は増やしたいが、背中やウエストの脂肪は減らしたいという部分別に脂肪を減らしたり増やしたりするのは無理な話なので流動性があるという特徴を活用し、脂肪を移動させるようにします。
そして、根本となるのが食生活です。
規則正しい食生活無くして、バストアップどころか健康維持すら出来ません。
たんぱく質は内容を選んで摂取します。
脂肪も動物性脂質は減らして植物性脂質を増やします。
糖質は不足することはまず無いので、控えめに摂取する事に集中します。あと不足しがちなのが、ミネラルとビタミンですが、野菜を多く摂取するように心掛けます。
野菜は1日で300gの摂取が望ましいといわれています。
かなりの量ですので、摂り過ぎではないかというくらいがちょうどです。
あとは果物を摂るようにして、カルシウム不足にならないように魚介類を摂っていくといいでしょう。
間食は徐々に減らす事を心掛けていくと、糖質の摂りすぎを防げます。

糖質は脂肪に変わるので、ここで摂取量を抑えないと脂肪過多になります。